チルチルのひとりごと スケベ人間

以前住んでいた地域のスーパー・デレーズでは「ムッシュー・スケヴェネー、3番レジまでお願いしま〜す」というような店内放送が聞こえていた。日本人なら、ちょっと吹き出しそうな名前である。

オランダには「スケヴェニンゲン」という海岸沿いの街があり、おそらく同じ語源だと思われる。ちなみに、スケヴェニンゲンは昔ヌーディスト・ビーチだったと聞きます。今も一部そうなんじゃなかったか、どこかで読んだような記憶も。

ベルギーでは、フランス語話者でもオランダ語源の名字がついている人が多い。例えば現在の内閣で外務大臣はDidier Reynders。環境大臣はMarie Christine Marghem。レインデルスやマルゲムなどは、明らかにフランス風ではない。フランス語名のディディエやマリー=クリスティンヌと、オランダ語家名のギャップこそが「まさにベルギー人っぽい」響きとなって聞こえる。

さて、最近、スケベなムッシューが(たぶん)真面目に働いているお店に行かなくなったので、なんだか妙にその店内放送が懐かしく感じられる。また、一度もお顔を確認する労をとらなかったため、いまだにムッシュー・スケヴェネーがどのような人物なのか、実際には知らずにいる。

 

14.mars.2018