文化部門のロックダウン解除、第3フェーズ

文化部門のロックダウン解除、第3フェーズ

第3フェーズで飲食店などと同じく封鎖解除となるのが、音楽コンサートなど文化部門だが、内容を見ると依然として制限は多い。

観客なし」というのが重い条件として立ちはだかる。

例えば、音楽家たちは舞台上で距離を保った状態で集まることができるが、客席にはだれもいない。練習撮影ネット配信などに限られるため、無観客のイベントでは興行としては成立しえない。

映画館などを含めた興行としては、7月1日から再開予定であるが、それでも入場数は200人に制限される

この点については、受け止めが混乱している。複数の演奏ホールや上映室がある施設では、200人というものをホールごとなのか、建物全体に適用されるのか、現場は不安に感じている。

観客にはマスク着用が奨励されている。

小規模なスポーツ、文化のイベントでは、参加者の数は6月中は20人、7月中は50人に限定される。

この人数制限は明らかに収益を阻害するため、援助措置が検討されている。

ちなみに、ディスコやナイトクラブの営業は8月末まで禁止の予定である。

 

6月8日から再開する他の項目については、次のページへ


>>>全体の発表

>>>飲食店

>>>スポーツ部門

>>>おでかけ

>>>宗教

Hiroyuki YamamotoReporter
ブリュッセル在住。青い鳥編集長。ベルギーの政治経済ニュースを現地から発信。多文化国家にして欧州の中心という特殊な状況を読み解き伝える。

新着記事 Actualité Nieuws