ティボー・クルトワ Thibaut Courtois 世界最高のゴールキーパー

ベルギー代表の守護神ティボー・クルトワ(Thibaut Courtois)の華麗なセーブとピッチ外での恋愛事情をご紹介。199センチの長身。2011年からイギリスの名門チェルシーで活躍。世界最高のゴールキーパーと評判の高い選手。プライベートでは恋多き男。

ベルギー東部のリンブルク州ブレーに1992年5月11日に生まれた。母語はオランダ語だが、インタビューではフランス語、英語も流暢に難なくこなす。最初はベルギーのゲンクでプレーした後、イギリスのチェルシーに移籍。しかし、最初の3シーズンはスペインのアトレティコ・マドリードに貸し出され、その後チェルシーに戻った。

利き足は左。生まれ持った高い身長に加え、反射神経の良さ、ポジショニングの良さ、ディフェンダーとの密な連携、安定した精神力とパフォーマンスにより、世界最高峰のゴールキーパーの一人と見なされている。これという弱点はまったく見当たらない。PK戦になったとしても、相手にとっては厄介なゴールキーパーであることは間違いない。

クルトワの両親はともにバレーボールの選手で、姉もバレーボールのベルギー代表である。そう言われれば、サッカーで手を使うことが許された唯一の選手が、バレーボール一家から出てくるのは実に理にかなっている。(バスケットボールでもトッププレイヤーになれたかもしれない!?)

プライベートでは、スペイン人のガールフレンドとの間に子供が2人いる。しかし、結婚はしておらず、第二子の出産直前にカップルは破局した。

現在「シングル」のクルトワだが、最近までアメリカ人の女優モデルと交際、破局するなど、なかなかステディーな相手と巡り会えないでいるようだ。

ベルギー代表チームの仲間ケビン・デブライネの彼女との三角関係問題(参照リンク)などを見ると、一見して真面目な印象のクルトワだが「恋多き男」なのかもしれない。