ブリュッセル地域政府の連立合意が形成!

ブリュッセル地域政府の連立合意が形成!

社会党、グリーン政党、リベラル政党、フランス語政党が合意して、ブリュッセル地域で連立政府が成立する見込み。7月16日(火)の夜から深夜にかけての交渉が実り、5月26日の選挙から2カ月足らずのスピードでブリュッセルは政治の舞台が整った。

参加政党は、PS(社会党仏語)、 Ecolo(グリーン仏語)、DéFI(仏語)、Groen(グリーン蘭語)、Open Vld(リベラル蘭語)、one.brussels-sp.a(社会党蘭語)である。

以前と同じく、左派政権と言える。そして、グリーン政党が仏蘭ともに参加する。これまで野党の立場だったが、政権内に入ってどのような動きを見せるのか注目される。

リベラル政党のOpen Vld(蘭語)が、同じくリベラルのMR(仏語)を政権に参加させようと動いていたが、結局それは実現しなかった。キリスト教政党(仏蘭ともに)も、野党に下る。

議会での正式な発足手続は、木曜日になる見込み。

 

Photo : Rudi Vervoort Twitter

Hiroyuki YamamotoReporter
ブリュッセル在住。青い鳥編集長。ベルギーの政治経済ニュースを現地から発信。多文化国家にして欧州の中心という特殊な状況を読み解き伝える。

新着記事 Actualité Nieuws

コロナ最新情報(ベルギー)4月6日

0
感染者
0
集中治療室の患者
0
死者