コロナ対策解除の第4フェーズ。イベント公共施設が再開へ

コロナ対策解除の第4フェーズ。イベント公共施設が再開へ

国家安全保障会議の記者会見で、7月1日(水曜)からのコロナ対策解除第4段階の発表が行われた。

この記者発表は、ソフィー・ウィルメス首相の苦言からはじまった。土曜日にイクセル地区フラジェイで大勢の若者が集まり、マスクもなしに密接した状態で大音量の音楽で踊ったことに、危険行為であると厳しい口調で非難した。

陽気な気候が訪れる欧州は、早くもバカンスの開放的な雰囲気だが、完全には収束していないコロナ禍の現実と、普段の生活をいかにバランスを保つか、突発的な事件がその難しさを表している。

 

日常生活におけるコロナ対策の緩和 7月1日〜

1週間に会うことができる人の数は、10人から15人まで拡大される。

食料品など買い物に出かける際に、家族のうち一人だけとされていたルールもなくなる。

店内でのマスク着用は、強く推奨されるが、義務ではなくなる。

個人のグループ活動は子供も含めて15人まで。屋内でも野外でも適用される。


再開が許可される主な場所

・水泳プールと健康センター
・アトラクション・パークと屋内ゲーム場
・劇場と映画館
・カジノとゲーム施設
・会議場
・レセプション会場と宴会場(最大50人まで)


観客のいるイベント活動が再開

コンサートやサッカーなど、大勢の観客がいるイベントも7月から再開される。ただし、屋内200人、屋外400人という人数制限がつくうえ、事前予約、マスクの着用などが観客には求められることになる。

25.jun.2020

Hiroyuki YamamotoReporter
ブリュッセル在住。青い鳥編集長。ベルギーの政治経済ニュースを現地から発信。多文化国家にして欧州の中心という特殊な状況を読み解き伝える。

新着記事 Actualité Nieuws