ベルギーの透明性の増す報告、老人ホームの死者を算入

ベルギーの新型コロナウイルスCovid-19の統計が発表され、死者の合計が2000人を超えた。前日の発表で185人の増加が、本日7日は403人の増加と、倍以上の数字に驚く。

しかし、これはフランダース地方の老人ホームで死亡したケースを算入した結果だと記者会見で発表があった。

増加した403人のうち、162人が病院での死亡、それに加えて241人が老人ホームでの死亡である。

老人ホームなど、病院外での死亡については、コロナの検査が一部で時間がかかる場合があり、通常より確認のタイミングが遅れた。

死者の合計が2000人を超えたのは残念な現実だが、こうして、より正確な情報を透明性の高い状態で発表するベルギーの姿勢が明らかになった。

なお、ワロン地方とブリュッセル首都圏の老人ホームでのコロナ関係死者数は、これまでの統計情報にすでに反映されている。

7.apr.2020

Hiroyuki YamamotoReporter
ブリュッセル在住。青い鳥編集長。ベルギーの政治経済ニュースを現地から発信。多文化国家にして欧州の中心という特殊な状況を読み解き伝える。

新着記事 Actualité Nieuws