ベルギーのコロナ対策緩和 4月から6月にかけて

ベルギーのコロナ対策緩和 4月から6月にかけて

ベルギーの緩和策が4段階で発表された。(速報版4月14日18:00)

協調委員会が、飲食店の再開などについて、具体的なスケジュールを発表した、春から夏にかけてのコロナ対策緩和の方向性が明らかになった。

 

4月19日から (教育再開フェーズ)

・幼稚園、初等教育、中等教育1、2年生については100%授業再開。

・中等教育3年生以上については50%授業再開。(状況が改善されれば5月3日から全面再開)

・高等教育は週1回、キャンパスで授業。 

・試験は学校で実施可能。

・EU加盟国内での非エッセンシャルな渡航は可能。ただし、PCR検査のネガティブ結果、帰国後の自宅待機などはこれまで通り必要。

 

4月26日から (イースター休暇終了フェーズ)

・美容室、エステなどコンタクト職業の再開。

・非エッセンシャルな店舗での予約は不要。

・一家庭最大2人までの入店可。

・野外での社会的な集まりは10人までに拡大。

・文化、スポーツなどイベントにおいて実験プロジェクトの開始。

 

5月8日から (野外活動再開フェーズ)

・飲食業はテラス席に限り営業再開。

・同じ家に住む二人までを家に招いてよい。その際、12歳以下の子供は数に入れないので、同伴してよい。

・夜間外出禁止の終了。

・ただし深夜24時から早朝5時までの間は、3人以上の集まりは禁止。

・野外での無観客スポーツ・イベントは25人まで。12歳以下の子供は屋内で10人まで集まってよい。

・蚤の市の再開。

・遊園地の再開。

・野外での文化、宗教イベントの開始。50人まで。

 

6月初旬から (より多くの野外活動フェーズ)

・文化、イベントの野外活動は大幅に再開。

・屋内活動の開始。社会的活動による接触や、レストラン、カフェ、イベント、文化イベント、宗教イベント、スポーツ、フィットネスなど。また企業の事務所での活動再開の可能性。

新着記事 Actualité Nieuws