デルフィーヌ・ボエルは前国王アルベール2世の隠し子。親子関係がDNAで判明

2020年1月27日に、前ベルギー国王アルベール2世は、デルフィーヌ・ボエル(Delphine Boël)がDNA鑑定の結果、生物学上の娘であると発表した。

ダブル不倫の結果として「王の隠し子」に

以前にも記事で解説したが、1960年代に国王アルベール2世(当時は王子)は、結婚している男爵夫人とダブル不倫関係にあった。

https://www.aoitori.be/news/belgium/delphine_arbert2.html

相手の夫人の娘デルフィーヌ・ボエルは、自分が不倫の結果として生まれたのではないかという疑いを抱き、DNA鑑定による確認を裁判で訴えてきた。

国王側はDNA鑑定に非協力的な姿勢を貫いてきたが、一日5000ユーロの罰金という圧力もあり、DNA鑑定がなされた。その結果、アルベール2世とデルフィーヌ・ボエルの親子関係が科学的に証明された。

ベルギー国民の多くがアルベール2世が隠し子をもうけたこと、またDNA鑑定をかたくなに拒んできたことが不誠実であると非難している。

 

王室の財産分与はどうなる?

アルベール2世は王妃である妻パオラとの間に3人の子どもがおり、自身が退位してから長子フィリップが現在の国王である。

デルフィーヌ・ボエルが実の娘であるということは、子どもが4人いることになり、王家の称号、給付金、財産分与などについて、法律的な権利が気になるところだ。

まず、彼女は「嫡外子」であり、両親のつながりも国家政府が承認したものではない。ゆえに王家の称号や、国家が与える給付金などは、いっさい手に入れることができない。王女と名乗ることも許されない。

しかし、アルベール2世の個人的な財産について、彼が死去した際には、「子ども」に相続される分は、デルフィーヌ・ボエルも含めた4人が均等に4等分するというのが法律の規定である

アルベール2世の資産は、憶測によると2000万ユーロ(約24億円)と見積もられている。もしその4分の1にあたる約6億円の財産分与があるとなれば、王の娘と分かることは悪いニュースではない。

7.feb.2020

 

Hiroyuki YamamotoReporter
ブリュッセル在住。青い鳥編集長。ベルギーの政治経済ニュースを現地から発信。多文化国家にして欧州の中心という特殊な状況を読み解き伝える。

新着記事 Actualité Nieuws