エチオピア航空墜落、ベルギーへの影響

エチオピア航空墜落、ベルギーへの影響

欧州航空安全機関(EASA)とベルギーの運輸大臣フランソワ・ベロが、ボーイング社737MAXのベルギー領土での飛行禁止を発表した。

火曜20時から実施される。他の欧州諸国でも同様の緊急措置が取られているため、欧州の空の交通に混乱が予想される。
3月10日(日曜)に発生したエチオピア航空の墜落事故をうけて、欧州諸国は疑惑のボーイング機種への対策にのりだしている。737MAXは、昨年2018年10月にもライオン航空が188名の死者を出している。今回も157名が死亡し、事故の原因割り出しが急がれている。


12.mar.2019

Hiroyuki YamamotoReporter
ブリュッセル在住。青い鳥編集長。ベルギーの政治経済ニュースを現地から発信。多文化国家にして欧州の中心という特殊な状況を読み解き伝える。

新着記事 Actualité Nieuws

コロナ最新情報(ベルギー)4月6日

0
感染者
0
集中治療室の患者
0
死者