ロックダウン延長決定! ベルギー国家安全保障会議が4月19日までコロナ対策

ロックダウン延長決定! ベルギー国家安全保障会議が4月19日までコロナ対策

3月27日現在、ベルギー国内で確認された感染者数は7284人、死者は289人。集中治療室では690床が重症患者の治療にあてられている。

伝染病の専門家など科学者たちが、入院患者数、重症患者数などの増加推移を見て、まだピークに至っていないなど現状を報告し、それを受けて国家安全保障会議のソフィー・ウィルメス首相と各行政府の代表たちが、これまで通りの厳格な対策が実施される日程の延長を決定した。

これまでは、3月14日〜4月3日という期間だったが、延長して4月19日(日曜)までと発表された。この施策はさらに2週間更新されうる。つまり、5月3日(日曜)までの延長もある。

Hiroyuki YamamotoReporter
ブリュッセル在住。青い鳥編集長。ベルギーの政治経済ニュースを現地から発信。多文化国家にして欧州の中心という特殊な状況を読み解き伝える。

新着記事 Actualité Nieuws

コロナ最新情報(ベルギー)5月24日

0
感染者
0
集中治療室の患者
0
死者