ブリュッセル首都圏での屋外マスク着用は限定的に

ブリュッセル首都圏での屋外マスク着用は限定的に

6月9日(水曜)から、ブリュッセル首都圏地域で、一律に義務化されていた野外のマスク着用がなくなる。

対策レベルが緩和され、これからは人通りの多い通りや、屋内空間のみでマスク着用が求められる。時間の指定もあり、深夜から早朝にかけては着用しなくてもよい場所もある。

マスクが必要な場所では、パネルが設置される。

ベルギーの他の地域では、地方自治体がマスク着用のルールを独自に設定するため、9日以降もマスク着用の場所も多い。

新着記事 Actualité Nieuws