エリザベート王妃国際音楽コンクール。ベルギー人のシルヴィア・ファンが最終選考に残る。

エリザベート王妃国際音楽コンクール。ベルギー人のシルヴィア・ファンが最終選考に残る。

ベルギーで開催されているエリザベート王妃国際音楽コンクールで、エノー州出身のシルヴィア・ファン(Silvia Huang)が12人のファイナリストに選ばれた。

彼女の父親は中国系でバイオリニスト。母もチェリストという音楽一家に生まれ、現在はアムステルダム・コンセルトヘボウの第一バイオリンの一員として活躍している。

 

「今年やってみようというのは、音楽家にとって夢のようなチャンスで、こんな素晴らしいホールで、最高のバイオリニストたちの前で演奏できるなら、どうして挑戦しないの?と思ったからです」

「普段はオーケストラや室内楽でグループの中ですが、ソリストとしてコンクールで演奏するのは、まったく違う感覚です。120人と一緒の舞台で交響曲を演奏するのではなく、一人でパーソナリティーを出して、自分の解釈で演奏するのですから」

13.may.2019

Hiroyuki YamamotoReporter
ブリュッセル在住。青い鳥編集長。ベルギーの政治経済ニュースを現地から発信。多文化国家にして欧州の中心という特殊な状況を読み解き伝える。

新着記事 Actualité Nieuws