ベルギー全土がソフト・ロックダウン。飲食業に大打撃、深夜から外出禁止、近しい接触は1人だけ

ベルギー全土がソフト・ロックダウン。飲食業に大打撃、深夜から外出禁止、近しい接触は1人だけ

コロナ感染の拡大を受けて、ベルギー政府はソフト・ロックダウンとでもいうべき部分的な社会活動の停止を決定した。

もっとも影響を受けるのが、月曜日から1カ月の休業を言い渡されたレストラン、カフェなど飲食業である。

 

飲食業 HORECAへの大打撃

レストランやカフェは1カ月間の休業となる。2週間後に状況の再確認をし、コロナ禍がおさまっているようなら、早期の再開もあるかもしれないが、今の状況を考えると見通しは暗い。

ただし、テイクアウトの提供は許可されるという。20時にはアルコール飲料の販売停止、22時にはテイクアウトも終了する義務がある。

ホテルのレストランは例外的に滞在客に対する飲食提供サービスは継続可能。

飲食業界には、救済措置が用意される。

(ベルギーではHotel、Restaurant、CafeをHORECAと総称している)

 

深夜からの外出禁止

ベルギー全土で深夜0時から早朝5時まで、外出が禁止される。

急病になって病院に行くなど、必要が認められる場合以外は、自宅から出てはならない。

テレワークが不可能な仕事に関しては、通勤なども許可される。

罰則はまだ発表されていないが、警察が取り締まりを行う。

 

個人の近しいコンタクトは1人だけ

今後1か月間、個人が近しく接していいのは自分の家庭以外では1人に限られる。

この1人については、マスクをせず、距離を気にせず近づいてもよい。

また、各家庭ごとに4人まで、マスクをする、距離をとるなどの安全措置をとれば、家に招いてもよい。

ただし、この4人は2週間、同じメンバーに固定される。

 

クリスマス・マーケットは中止

欧州の冬の風物詩であるクリスマス・マーケットも、今年2020年は中止となる。

同様に、骨董や中古品を扱うブロカント(蚤の市)なども中止。

 去年のクリスマスの様子。

コロナの感染を抑制するために、社会活動を制限する手段として、飲食業界が犠牲になってしまった。1ヵ月の長いトンネルの先に、ビール帝国でグルメなベルギーの飲食店は生き残っていられるのだろうか。

Hiroyuki YamamotoReporter
ブリュッセル在住。青い鳥編集長。ベルギーの政治経済ニュースを現地から発信。多文化国家にして欧州の中心という特殊な状況を読み解き伝える。

新着記事 Actualité Nieuws