パン屋ラ・ブール La Boule

ベルギー人にとって美味しいパンとは? 本当のパンの味って?

忙しい日常のなかで忘れてしまいそうな、伝統の味の良さを表現してくれるパン屋さんが2018年9月にサンジル地区にオープンしました。

情熱でパンを焼いているお父さんはヴァンサン・ドトロワ。青い鳥編集長と一緒の事務所で働いていたグラフィック・デザイナーです。有名アーティストのポスターなども手がけるプロが、あるときからパン作りに熱中し、人生の大転換を見事果たしました。

仕事の合間に製パン学校に通い、朝早くから職業訓練に出かけ、、、努力を心の底から楽しんだのちに、やっと自分の城を築きました。

店名のラ・ブールは「丸い玉」の意。もちろんドカンと大きなパン生地を象徴しています。パンは一個5ユーロ前後と、若干お高い価格設定ですが、素材と手間ひまの結果は裏切りません。

天然酵母で膨らませたパンは、爽やかな酸味が五感を刺激します。パンのもつ味の重みが、ずしりとヨーロッパの歴史の重みにつながるようです。あれ、今まで何を食べていたんだろう? ふと真剣に考えこんでしまうほど。

軽くトーストして美味しいバターを塗って、これだけで上質ワインのお供になります。もちろん、週末の朝に家族と味わうのもよし。

開店祝いに、皆さん、ヴァンサンのお店に、ぜひ押しかけてあげてください。日本人には見慣れた「あの素材」もあるかも。

La Boule

11 Chaussée de Waterloo,
1060 Saint-Gilles

木〜土曜 朝8:00 AM - 18:00 PM
日曜 朝8:00 AM - 14:30 PM

※皆様のご支援のおかげで、クラウドファンディングも大成功。「このパリパリ音を聴いて!」と熱弁しているのがヴァンサン。