検索
検索範囲:
合計: 結果が2件見つかりました。

松本清張『<span class="highlight">アムステルダム運河殺人事件</span>』のモデルとなった実際の事件&#160;...

作成日 2018年5月13日. Posted in ベルギー

実際の事件について http://netpower1.blog14.fc2.com/blog-entry-777.htmlより引用 亀田豊さん(当時33歳、男)オランダ S40年(1965)9月 1965年(昭和40年)9月2日夜、警視庁に国際刑事警察から8月25日にオランダのアムステルダムの運河でジェラルミン製のトランクから発見された首なし死体が日本人ではないかとの照会の電話が入った。 ...

『<span class="highlight">アムステルダム運河殺人事件</span>』松本清張・著&#160;...

作成日 2018年5月13日. Posted in 文学

推理小説の巨匠、松本清張が、オランダとベルギーを舞台に描いた中編の作品がある。日本人のブリュッセル駐在員がバラバラ死体にされ、アムステルダムの運河に浮かんでいたという物語は、実話を元に松本清張が現地取材をして作り上げた。1969年に発表の本書をレビュー。(編集部:ネタバレせずに読めます) まず、「あらすじ」は、以下の紹介文を読んでもらえると、話が早いです。 文庫の紹介文 19××年の8月末の夕方、アムステルダム市内の運河に浮かんでいた、銀色のジェラルミン製トランク。ーーーその内部には、血まみれの下着と共に、首と手首と脚を切断された、男の胴体があった。オランダ警察は、下着の文字と黄褐色の皮膚から、被害者は日本人と判定、身元は、ベルギー駐在の一商社員と知れた。・・・・・・ ...