ベルギーの郵便Bpostがストライキ 2018年11月

ベルギーの郵便Bpostの労働組合連合CGSP-CSC-SLFPが、11月7日〜13日までストライキを実行する模様。郵便物の配達が遅くなるなどの事態が予測されるので、ご注意を。

現場で働くスタッフの人手不足が深刻化するなか、経営陣は有効な解決手段を示せていない、というのが労働組合の主張である。

サッカーW杯2018ベルギー代表 イングランド戦

お互いに優勝候補の一角であるベルギー対イングランドの対戦。

しかし、2つのチームどちらとも、すでにG組のグループ戦でトーナメントへの進出を決めているなかで、「2位通過するほうが有利」という不条理な議論が飛び交うなかでの対戦だった。ハイライトをご紹介。

赤い悪魔のヘディングチャレンジ(video)

サッカーW杯で優勝を狙う「赤い悪魔」ことベルギー代表チームの秘密特訓が隠し撮りされていた。世界の強豪を相手にさらに有利に試合を展開するためには、ヘディングの強化が必要であるというマルティネス監督の指示により、特訓がメンバーに課せられた模様。(ビデオ)

サッカーW杯2018ベルギー代表 チュニジア戦

「赤い悪魔」として知られるサッカー・ベルギー代表。異なるタイプのタレント揃いで、優勝候補の一角にもあげられる。ベルギーチームだが、ベルギー国内リーグで活動している選手は控えに1人だけ。ほぼ全員がイギリス、ドイツ、イタリア、スペインなど一流の海外リーグで活躍している。2018年のワールドカップは、スターたちが20代後半で最高の状態で迎えた。

大量5点をチュニジアから奪った様子をご紹介。

H&M人種差別メッセージにルカクが粋な反発。

大手衣服チェーンストアH&Mが、黒人に対する人種差別ととられるパーカーを販売。黒人の子供がモデルになった服の胸部分には「COOLEST MONKEY IN THE JUNGLE」とプリントされていた。ベルギーのサッカー代表チームのロメル・ルカクは自身のインスタグラムで「BLACK IS BEAUTIFUL」のコラージュを掲載して反発。

マルアン・フェライニ Marouane Fellaini 制空権を支配するアフロヘアー

アフロ・ヘアーの赤い悪魔マルアン・フェライニ(Marouane Fellaini)は、闘志あふれる中盤の大黒柱。ベルギーの首都ブリュッセル生まれのモロッコ系。明るい性格で子供のための慈善活動に熱心な一方、ピッチでは肘打ち頭突きなど凶暴なラフプレーも多い。

エデン・アザール Eden Hazard お茶目なエース

ベルギー代表の攻撃の核。身長173センチとサッカー選手としてはやや小柄だが、世界屈指のドリブラーとして活躍している。自身のゴールもさることながら、個人技で違いを産み出し、仲間のゴールをお膳立てすることも多い。脇腹に入った日本語のタトゥーも気になるスター選手。

サッカーW杯2018ベルギー代表 パナマ戦

優勝候補ベルギーの初戦の相手は、奇跡の本戦出場を果たしたパナマ。前半から攻勢に出るベルギーだが、パナマも必死の守備で応戦し、勝負の行方はなかなか判明しない善戦を見せた。

結果は3対0だが、ベルギー国内では「物足りない」とのサポーターの声。「赤い悪魔」たちへの期待値は非常に高い。パナマ戦のハイライトをご紹介。

エルマン・ドゥブルー高架の封鎖(再開)

エルマン・ドゥブルー(Herrmann-Debroux)の高架橋・コンクリート構造に問題が発見され、10月7日(土曜)から一部に交通遮断の措置が取られた。

高速道路E411とブリュッセル市内をつなぐ重要な箇所のため、日本人学校のあるボーリュー、デルタ周辺も、ラッシュ時には混雑が予想される。

今週中には、より詳しい分析結果が出るが、いつ再開するかは不透明。高架橋は1973年に建設されたもので、老朽化の影響もある。同じ時代に作られた高架で取り壊されたものもある。

【続報】10月12日の朝から再開された。交通局によると、今すぐに崩落する危険性は少ないという。

ミディ駅で大きな爆発音2018年5月9日

【緊急】ブリュッセルのミディ駅で5月9日午後、大きな爆破音があったとベルギー各社が報道した。駅は立ち入り禁止になり、警察が調査中。付近の方はご注意ください。

【続報】 18時19分時点での情報で、爆竹のような大きな音の出る花火が原因と判明。ミディ駅は再開しております。

【続報2】ミディ駅の爆破音事件について、花火ではなく、銃が使われたものだという情報が出ている。容疑者が地面に向かって発砲し、逃走したという。引き続き注意が必要の模様。駅は一部のみ閉鎖中。19:17pm

【続報3】今回の事件で怪我人は出ていない。現場の検証のためプラットフォーム2つが閉鎖されたが、交通に重大な影響はなかった模様。一部報道で監視カメラにとらえられたという容疑者は、依然として逃亡中。

【続報4】ベルギーのヤン・ヤンボン内務大臣によると、容疑者の身元は判明し、今回の事件はテロ活動とは関係がないという。警察は捜査のため大臣の発表に関してのコメントは差し控える、としている。20:40pm

9.may.2018