ベルギーの冬季うつ no.1

臨床心理士の川瀬まりです。私はベルギーに住む日本の方々に、この国の好きなところ嫌いなところを聞くことがあります。人が優しい・冷たい、生活しやすい・しにくいなど反対の意見を聞くこともあり、 人の体験やその受け止め方は 千差万別だなとつくづく思います。そんななか、皆さんがほぼ例外なく賛同されるのが「ベルギーの冬は長くて暗くて、気が滅入る」というものです。

DVD『若きカール・マルクスLe Jeune Karl Marx

カール・マルクスは1845年から48年まで、政治亡命者としてブリュッセルに在住していた。若い頃のマルクスの生き様を描いた映画『Le Jeune Karl Marx』。産業革命により過酷な労働条件下で働く人々の権利を勝ち取るため、新しい社会思想を作り出すことに情熱を燃やした若いドイツの青年マルクスのリアルな素顔を見ることができる。

  • no.29 日本語の達人ウェルナー登場
    ・ベルギー人の友人ウェルナーは仏蘭バイリンガルで日本語の達人 ・鳥人戦隊ジェットマン ・立ち飲み居酒屋が大好き ・日本のパンとチーズはちょっと違う ・缶に入った生ビールって何? ・ベルギーで逆カルチャーショック ・日本が身に付いたベルギー人 青い鳥サイト「鳥人戦隊ジェットマン」 https://www.aoitori.be/column/824-jetman.html
    作成日 2018-08-28 14:11:30
  • no.28 フラワーカーペットの制作者インタビュー
    2018年のフラワーカーペットを創り上げた3人のアーティストにインタビュー。 ・デザイナーのローさん ・技術担当のクーンさん ・日本代表の藤川さん
    作成日 2018-08-16 18:19:26
  • no.27 フラワーカーペット2018メキシコ
    ・今年のテーマは「メキシコ」グアナフアト州 ・以前のフラワーカーペット「日本テーマ」 ・地元出身の女性デザイナー、ルーさん ・郷土の歴史、伝統をモチーフに盛り込んだ ・ゲントで生産されるベゴニア ・50万枚の花 ・早朝5時から敷き詰めスタート ・ボランティアはメキシコ人? ・ブルスで「ユネスコ20周年作品」 ・2018年8月16〜19日(木〜日曜) ・フラワーカーペット詳細 http://www.flowercarpet.be/
    作成日 2018-08-13 06:34:57
  • no.26 ヨーロッパ・ワインの旅ボルドー編
    ベルギーからワインの産地は近い ・近場シャンパーニュ(泡)、ブルゴーニュ(赤)、モーゼル(ドイツ白)など。 ・メドック・マラソン http://www.marathondumedoc.com/ ・前泊でサンテミリオン地区をレンタカーで回る ・メドックとサンテミリオンの違い ・ブリュッセルからボルドーまで直行便あり ・サンテミリオンの高級畑 ・編集長の旅行記2017リンク https://www.aoitori.be/column/710-bordeaux_2017.html ・ボルドー観光局サイト https://www.bordeaux-tourisme.com/
    作成日 2018-08-08 06:00:00
  • no.25 ベルギーのバカンス事情
    ・7月、8月はバカンス時期。 ・2018は夏セールもガラガラ ・関係者がいないので仕事プロジェクトは停滞。 ・道路工事が多い。渋滞発生。 ・オステンドなど北海の海岸? ・今まで一番よかったバカンスは日本? ・編集長のギリシア・バカンス ・オールインワンのホテル滞在 青い鳥サイト www.aoitori.be
    作成日 2018-07-23 14:00:03