検索
検索範囲:
合計: 結果が8件見つかりました。

<span class="highlight">フィリップ王</span>の執務室が360度公開される&#160;...

作成日 2015年4月29日. Posted in ベルギー

ベルギーの日刊紙ルソワール Le Soir が、史上初、ベルギー国王フィリップの執務室を撮影した。しかも360度のバーチャル画像。 リンク▶▶▶王の執務室 360度撮影 リンクを開いたら、中央の赤いロゴをクリックして拡大してみよう。大理石のテーブルを囲んで、ダブルのブレザーに身を包んだのがフィリップ王。レジメンタル・ストライプのタイをしたのは執務長(kabinetschef)のFrans ...

<span class="highlight">フィリップ王</span>が地雷除去の兵士たちの飛行機を横取り&#160;...

作成日 2014年6月13日. Posted in ベルギー

レバノンで地雷除去にあたっていた兵士たちの飛行機を、サッカー観戦のためフィリップ王が使うことになった。14.jun.2014   フィリップ国王のブラジル行きによって、兵士たちが不都合を余儀なくされている情況を新聞各社が報じた。   ブラジル・サッカー・ワールドカップでベルギーはH組に入った。6月22日の対ロシア戦を観戦するために、フィリップ王もブラジル入りする。 王様が搭乗するのが空軍のジェット機ファルコン900。 ...

『畏れ慄いて』アメリー・ノートン著

作成日 2019年2月03日. Posted in 文学

...  著者アメリー・ノートンの一族は、ベルギーの南にあるルクセンブルクの名家であり、祖先のジャン=バティスト・ノートンは19世紀に初代国王レオポルド1世時代にベルギーの首相を務めた。アメリーの父パトリックは外交官でアジア方面に赴任し、日本では大阪領事や東京で大使として活躍した。アメリー自身も文学界での功績が認められてフィリップ王からバロンヌの爵位を与えられている。   【以下、物語の詳細について語られますので、ネタバレが嫌な方は、ここでお引き取り願います】 ...

政治危機2018:ミシェル首相辞任

作成日 2018年12月21日. Posted in ベルギー

12月21日正午頃、ベルギー王宮の発表によると、フィリップ王がシャルル・ミシェル首相の辞任を受理した。これによりミシェル政権は正式に「事務管理内閣」の状態となる。(Gouvernement d'affaires courantes) こうなると政府の権限は限定され、厳密には国家としての日常業務をこなすだけの活動しかできない。選挙後の連立交渉に時間がかかるベルギーに特有の政治システムである。 フィリップ王は今回2日半ほどをかけて各党の党首と会談した。「政治のリーダーたちが経済、予算、国際的な課題、また国民の期待、とりわけ福祉計画と環境についての期待について適切な対処をするように」と、フィリップ王は求めている ...

コラム:王様の大切な仕事

作成日 2018年12月21日. Posted in ベルギー

日本の天皇陛下が首相や大臣、政党の党首と面会するという場合、それは外交儀式や何かしら行事に限られると思う。 陛下が首相を呼びつけて「お前のあの政策はけしからんから、すぐに撤回しろ」なんてお言葉を下されることは考えにくい。そういう事態になるとニュースとしては面白いが、まず憲法第一条に天皇は象徴であるとはっきり書かれている。 さてベルギーでは・・・。連立政権が瓦解したおかげでミシェル首相はフィリップ王を訪問して状況を説明し、内閣総辞職を申し出た。 ...

ベルギーの政治システム

作成日 2018年2月02日. Posted in コラム

複雑なベルギー政治の基本システムを、できるだけ簡単にご説明いたします! キーワードは王室、連邦政府、地域政府、コミュニティー政府です。 ベルギー王室 ベルギーは立憲君主制の国です。日本と似ていますね。王様が国のトップに君臨し、憲法と議会が実際には国家を統治します。 ただし、日本と違い現在のベルギーでは、性別に関係なく国王の第一子が王座を継承します。つまり、王様(フィリップ王)と王妃(マチルダ妃)の間に生まれた第一子(エリザベス王女)がお世継ぎです。 ...

アルベール2世の「隠し子」??? デルフィーヌ・ボエルが認知を裁判所に訴える。

作成日 2014年9月23日. Posted in ベルギー

... Sybille de Sélys と長い間ダブル不倫関係になった。 この不倫自体は、パオラの自伝やシビルの自伝によって明らかである。その後、アルベールはシビルとは別れ、夫婦はこの危機を乗り越えて和解した。パオラは1993年に国王ボードワンの急逝によって王座を継承した彼を公私にわたって支えた。フィリップ王、アストリッド王女、ロラント王子という三人の子宝にも恵まれた。 問題は、1968年生まれのデルフィーヌが、本当にアルベールの子供なのかどうかだ。彼女は彫刻や紙を使った立体造形の分野のアーティストであり、結婚して二人の子供の母である。「アルベール2世の娘ではないかということで、世間から差別を受けてきた」と主張している。一貫してDNAのテストで白黒つけたいと1990年代後半から訴えているが、これまではアルベール2世は王位にいたために裁判に応じる義務はなかった。2013年7月に退位したため、デルフィーヌは再度、司法の判断を求めている格好だ。 ...

バル・ナショナル Bal National

作成日 2014年7月17日. Posted in イベント

...  ブリュッセルのアンティーク下町とでもいうべき場所で、ダンスと音楽の楽しいイベントです。フランス語、オランダ語の両方で展開します。非常にベルギーらしい、いや、、もはや「ベルギー臭い」といってもいいイベントです。2013年は退位前夜のアルベール国王、そして王室の家族メンバーが参加して、特別に盛り上がりました。  あれから5年! フィリップ王も立派な王様として国民の尊敬を集め、次のエリザベス王女もずいぶんと大きくなりましたね。2018年は王族も参加して盛り上がります。予定は、フィリップ王、マチルド王妃、ローラン王子、クレア王女がいらっしゃいます。王様を肉眼で見るチャンス・・・! ...