検索
検索範囲:
合計: 結果が1件見つかりました。

現代ベルギー小説アンソロジー『<span class="highlight">フランダースの声</span>』&#160;...

作成日 2019年1月15日. Posted in 文学

京都の松籟社さんから「フランダースの声」とシリーズ名を題して現在3冊、フランダース出身の作家の小説が日本語訳で出ている。それとは別に、『フランダースの声』という短編集がある。ローザスの池田扶美代さんが巻頭を飾り、ベルギーの日常と非日常が混交する短編が5つ収められた。内容を簡単に紹介したい。 「グループでスキップ」 アンネリース・ヴェルベーケ (井内千紗・訳) 大人になるとスキップをやめてしまう。そんな小さな発見から発展する小さなドラマである。 ...