検索
検索範囲:
合計: 結果が12件見つかりました。

ロメル・<span class="highlight">ルカク</span> Romelu Lukaku 貧困から栄光へ&#160;...

作成日 2018年6月26日. Posted in ベルギー

ロメル・ルカク(Romelu Lukaku)は、ベルギー・チームの巨漢ストライカー。高い身長、強靭な体を活かしたヘディング、ポストプレー、安定した決定力が魅力。 代表では背番号9番。1993年5月13日、ベルギー北部のアントワープ生まれ。コンゴ系で、オランダ語を主に話すが、フランス語、英語も流暢に操る。身長190センチ。愛称はビッグ・ロム(Big Rom)。 ベルギー国内リーグで経験を積んだ後、イギリスに渡る。チェルシー、エヴァートンを経て強豪マンチェスター・ユナイテッドに2017年移籍。 ...

H&M人種差別メッセージに<span class="highlight">ルカク</span>が粋な反発。&#160;...

作成日 2018年1月09日. Posted in ベルギー

大手衣服チェーンストアH&Mが、黒人に対する人種差別ととられるパーカーを販売。黒人の子供がモデルになった服の胸部分には「COOLEST MONKEY IN THE JUNGLE」とプリントされていた。ベルギーのサッカー代表チームのロメル・ルカクは自身のインスタグラムで「BLACK IS BEAUTIFUL」のコラージュを掲載して反発。   H&Mは完全謝罪。商品の撤回と原因の追求を約束している。 ...

サッカーW杯2018ベルギー代表 日本戦

作成日 2018年7月03日. Posted in ベルギー

...  しかし、ベルギーは諦めなかった。 後半65分、メルテンスとフェライニが交代。そしてカラスコに変えてシャドリが登場。 フェライニは長身でヘディングが強い。日本はルカクに加えて2人目の巨人アタッカーに対応を迫られることになる。また、シャドリは2017年の練習試合で日本のディフェンダーをかわして決定的なアシストをルカクに送った選手だ。一瞬のスピードが素晴らしい。 この交代の効果が思わぬところで出てくる。左バックのフェルトンゲンがセンタリングのつもりでヘディングしたボールが、キーパー川島の頭上を越え、そのままゴールする。「ラッキーだった。あの状況では、こういう運が必要だった」とフェルトンゲンは振り返っている。W杯史上で最長距離のヘディング・シュートという記録も生まれた。(18メートル60センチ) ...

マルアン・フェライニ Marouane Fellaini 制空権を支配するアフロヘアー

作成日 2018年7月02日. Posted in ベルギー

...  194センチの長身で頑健な体の持ち主。ベルギー国内リーグでの経験を経て、イギリスのエヴァートンに移籍、さらに2013年から強豪マンチェスター・ユナイテッドで活躍している。 攻撃においては、高い身長と目立つアフロヘアーを活かして強烈なヘディングが武器。代表では前線ルカク、中盤フェライニ、守備クルトワと2メートル近い巨人たちがピッチ全体の制空権を支配することになる。 チャンスと見るや、ミドルシュートを放ったり、ゴール前の押し込みにも顔を出す危険な選手。 ...

ケビン・デブライネ Kevin De Bruyne 泥沼の三角関係を乗り越えて

作成日 2018年6月28日. Posted in ベルギー

...  ビデオを見ると、まずは中盤から最前線への見事なスルーパス、そしてスパーンと打ち抜くミドルシュートが輝きを放っているのが分かるだろう。ルカクがヘディング、アザールがドリブルを武器とするなら、デブライネの武器はミドル。この異なる才能の組み合わせこそが、赤い悪魔たちの強みである。ベルギーの国是「団結は力なり」を実現している。 代表では、敵のディフェンダーの裏のスペースに正確無比なキラーパスを送り込む能力が期待されている。ゴール前で待つ長身のルカクの頭にピンポイントでセンタリングをあげることができるのもデブライネの強み。 ...

エデン・アザール Eden Hazard お茶目なエース

作成日 2018年6月26日. Posted in ベルギー

...  サッカーのキャリアとしては、フランスのリールでプロデビュー果たし、2012年からイングランドの名門チェルシーで活躍している。 ドリブル技術はメッシと比較されるほど。多くの敵に囲まれても、まったくプレッシャーを感じているように見えない。 ゴールはほとんどがシュートによるもので、針の穴を通すような正確さが特徴。ドリブルと味方との細かいパスで敵陣を切り崩すテクニックが素晴らしい。 自身がドリブルをしかけてシュートまで持って行けないと判断した場合は、フリーの味方にラストパスを送ってアシストすることも多い。シーズンを通して自分の得点数だけをエゴイスティックに追求するタイプではないのが、エデン・アザールの素敵なところ。代表でもルカクに見事な決定的パスを何本も通している。 ...

サッカーW杯2018ベルギー代表 チュニジア戦

作成日 2018年6月26日. Posted in ベルギー

...  開始早々、キャプテンでエースのエデン・アザールがPKをゲット。落ち着いて左隅に決め先制点。 2点目はドリス・メルテンスからのパスをうけたロメル・ルカクが左足一閃。ゴールの右端ギリギリへコントロールされたボールは、キーパーの手をすり抜けてネットを揺らす。 チュニジアのフリーキックがいい場所に入り、ヘディングで失点。 ケヴィン・デブルイネ、トマス・ムニエとボールが渡り、最後はディフェンダーの裏に飛び出したルカクが2点目。右足で軽く浮かしたボールが正面のキーパーを越えていった。 ...

サッカーW杯2018ベルギー代表 パナマ戦

作成日 2018年6月25日. Posted in ベルギー

...  後半47分。ドリス・メルテンスが角度のないところから狙いすましたボレーシュート。やっと先取点を奪う。 呪縛から解かれたベルギーチームは、69分、エデン・アザールのドリブルからつないで、ケヴィン・デブルイネのキラーパスが炸裂。ロメル・ルカクにピンポイントで渡り、ヘディングシュート。2点目。 75分、中央をドリブルで駆け上がるアザールからルカクへ。ルカクが飛び出したキーパーの頭上を軽く抜くシュートで3点目。 ...

ユーロ・フランス大会で赤い悪魔ベルギーが大活躍!

作成日 2016年6月29日. Posted in ベルギー

... EURO 2016第2戦、ルカクは2得点でDevil of the Match。ヴィツェルが大会のMan of the Match。フーリガンが暴れる大会のなか、ベルギーとアイルランドのサポーターは仲良く応援。 6月13日/リーグ初戦 【ベルギー0vs2イタリア】UEFA EURO 2016初戦はイタリアの固い守備を崩せず負け。残念!  ...

サッカー・ワールドカップ ベルギーがアルゼンチンに破れる

作成日 2014年7月06日. Posted in ベルギー

南米サッカーの勝負強さにベルギーは完敗した。 7月5日(土曜)の準々決勝で「赤い悪魔」ベルギーは、南米の強豪アルゼンチンと対戦。結果は0対1と負けてしまった。 前半開始間もない8分、主将コンパニーの中盤でのミスからアルゼンチンに球が渡り、ゴンサロ・イグアインが一瞬のチャンスを逃さずボレー・シュートが決める。 その後、ベルギーも果敢に攻め続け、後半ルカク、メルテンスなど投入するも得点に結びつけることはできなかった。 ...

サッカー・ワールドカップ ベルギーがUSAを撃破!8強入り

作成日 2014年7月02日. Posted in ベルギー

ベルギーの「赤い悪魔」たちがUSA相手に勝利した。  前半開始から積極的に攻め、惜しいシュートを何本も打ったが、USAゴールキーパーのティム・ハワード Tim Howard にことごとく阻まれて、試合は15分プラス15分の延長戦に突入。 延長前半93分にロメル・ルカク Romelu Lukaku のアシストで、ケヴィン・ド・ブリュンヌ Kevin De Bruyne が値千金の先取点を入れる。 ...

ベルギー2連勝ワールドカップ決勝トーナメントへ!

作成日 2014年6月23日. Posted in ベルギー

...    22日の試合は、ほぼ五分の戦いだったと言える。全体のボール支配率はベルギー53%。 ベルギーは前半から、右サイドのドリス・メルテンスが再三チャンスを得てシュートを放つが枠をとらえきれない。 ロシアはアレクサンダー・ココリンがフリーでヘディングしたが、これも枠外に飛び、大きなチャンスを活かしきれなかった。 膠着した試合は、ベルギー監督マルク・ウィルモッツの采配によって動く。FWのルカクに替えて19歳の新星オリジを投入。 ...