検索
検索範囲:
合計: 結果が4件見つかりました。

アントワープ中央駅の光と影

作成日 2016年8月04日. Posted in アントワープ

...  初年度はブリュッセルとメヘレンの間。開通式の主役は、即位してまだ間もないベルギー初代国王レオポルド1世と、その2番目の妃、若きルイーズ王妃であった。翌年に鉄道はアントワープまで延伸したが、その最初の駅舎は質素な木造であった。今の場所に美しく建設されたのは19世紀末。ちょうど鉄道開業の年に生まれたベルギー第2代国王レオポルド2世の命による。1895年に着工し、1905年に完成した。 ローマのパンテオンを参考に中央のドームを設計したのはルイ・ド・ラ・センスリー(Louis ...

王立軍事歴史博物館 Armed Forces & Military History

作成日 2014年4月12日. Posted in ブリュッセル

...  なかでも私が驚愕したのが、ガラスケースの中にごろっと無造作に置かれた初代国王レオポルド1世のデスマスク。(写真上) 王様の扱いとしては、ちょっと軽々しすぎるんじゃないかと、勝手ながら不安になります。 3輪の自転車は2代国王レオポルド2世のものです。   Musée Royal de l'Armée et d'Histoire Militaire http://www.klm-mra.b ...

ラーケン王宮温室2018年特別公開

作成日 2015年4月26日. Posted in イベント

ベルギーの国王家族が住んでいるラーケンの王宮の隣に、19世紀に建てられた温室の植物園があります。 ラーケン王宮温室は、春シーズン2、3週間のみ公開されます。鉄骨とガラスをふんだんに使った美しい温室は、国王レオポルド2世のお抱え建築家アルフォンス・バラの設計です。バラは、王宮の王座の間などを手がけた古典主義的な建築家でしたが、19世紀後半に生み出された「新しい建材」である鉄骨とガラスを使うに際して、植物の有機的なフォルムを模した新しいデザインを取り入れます。 ...

遺産DAY。ブリュッセルの歴史遺産に触れる週末。

作成日 2014年9月18日. Posted in イベント

... Jamaerの家。フランダース式ネオ・ルネサンス様式。1825年生まれ、1902年没。19世紀のベル・エポックの薫りたっぷりの邸宅。 土曜日と日曜日。10時から18時まで。 Avenue de Stalingrad 62, Bruxelles   #4 Cercle des Amis Philanthropes レオポルド2世おかかえの写真家Louis Ghémarのアトリエだった建物。1877年から「博愛主義者の友のサークル」Cercle ...