検索
検索範囲:
合計: 結果が3件見つかりました。

<span class="highlight">聖ウォードリュ参事会教会</span> Eglise collegiale Ste-Waudru&#160;...

作成日 2015年5月27日. Posted in モンス

15世紀に着工されたブラバント・ゴシック様式の教会。内部は贅をつくした装飾がなされ、特にベルギーの彫刻家、ジャック・デュ・ブルックの彫刻の数々は素晴らしい作品ばかり。 教会の中央高い位置にウォードリュの聖遺物箱が吊るされています。また黄金の馬車(Car d’Or)も必見です。これらは毎年行われる「デュカス祭り:黄金の馬車行列とリュムソンの戦い」で実際に使われています。 祭りはユネスコ無形遺産に登録されています。リュムソンの戦いでは竜のシッポの黒い毛を引きちぎろうと、大勢の男たちが詰め寄せ、ベルギーではめずらしく激しい押し合いへし合いが繰り広げられ、ぜひ一度は参加してみたいイベントです。  ...

モンスに裸の全身ペンキ塗り人間が出現

作成日 2015年5月27日. Posted in ベルギー

モンスの街に、突如出現したのは、全身を色とりどりのペンキで塗りたくった裸の人間たち。何の前触れもなく現れた現代アートに、街中の視線は釘付けになった。 色ヌード集団は、グランプラスに登場し、その後ゆっくりと聖ウォードリュ参事会教会 Eglise collegiale Ste-Waudruへ移動。彼らは歌ったり踊ったりのパフォーマンスはせず、動く彫刻のように街を占拠した。不思議な光景に、泣き出す子供もいた。 ...

モンス・デュカス祭 La Ducasse de Mons

作成日 2015年5月28日. Posted in モンス

モンスで三位一体の祝日に行われるお祭り。聖ウォードリュ参事会教会におさめられている黄金の馬車の行列と、聖ジョルジュと竜の戦いをテーマにしたイベント。 2017年は6月11日(日曜)に開催。このお祭りはユネスコの世界遺産に指定されています。 戦いは通称リュムソン(Lumeçon)と呼ばれ、竜の尻尾についている黒い毛を引きちぎって持っておくと、1年間幸福になれるという伝説があり、屈強な男たちが押し合いへし合い宙に腕を伸ばします。最後に聖ジョルジュが竜をピストルで撃ち殺すシーンがクライマックス。 ...