グリッドでソーシャル・ディスタンスを守る!? DE THE LE GRID

美しいギャラリー・サンチュベール商店街と、グランプラス近接のイロ=サクレ飲食店街の道に、突如出現した赤いグリッド! ショッピングや外食を楽しむ際には、ソーシャル・ディスタンスを守ってね、というキャンペーンが開始されました。

極端にフランス語、オランダ語、英語をミックスしたセリフに、あなたはついてこられるか?

ガラスの天井で雨の日でも快適にショッピングを楽しめるサンチュベール。その床に張り巡らされた赤い線により、人と人との距離が一目瞭然。

王様、王妃、その王子たち、衛兵、肉屋のグループは、これからブリュッセルの中心街を盛り上げる案内役になります。出会ったら、気さくに話しかけてくれます。距離を保って交流してみてください。彼らのオリジナリティあふれる衣装は、サンチュベール内にある劇場のもの。商店街ぐるみで応援しています。

今回のプロデューサーは、ファッション・デザイナーのジャン・ポール・レスパニャール(Jean-Paul Lespagnard)さん。彼のお店もRue des Bouchers 37Aにあるので、お出かけの際にはチェックしてみてはいかがでしょうか?

ブリュッセル中心街に明るさと活気を取り戻す最初のプロジェクト、成功するといいですね! 応援しましょう!

パフォーマンス:夏期期間中 水曜日&土曜日 14〜18時

写真一番右が、デザイナーのジャン=ポール・レスパニャール氏。

ポスターが壁のいたるところに貼られているのをお見逃しなく。

ブリュッセル市長のフィリップ・クローズ氏(写真左から二番目)がプレスに語った逸話によると、スタッフがポスターを貼っていたら、警察がやってきて、「君たち何をやっているんだ!」と怒られたとか。「いや、市長の運営するキャンペーンなんですけど・・・」

他の写真はFBに掲載。>>>リンク

おすすめ新着記事