ワロニー・ブリュッセル オンライン映画祭 2020

ワロニー・ブリュッセル オンライン映画祭 2020

ベルギー映画って、シュールで独特な世界観ですよね。日本にもファンが多い秘密がそこにありそうです。

さて、今年2020年は、ベルギーアカデミー賞とも称される『マグリット映画賞』が創設されて10周年にあたります。

この節目の年にオンライン映画祭が開催されています。10月21日(水)まで、過去の受賞作15本(長編、短編、ドキュメンタリー各5本)を世界中で無料公開します。

すべてフランス語オリジナル音声、字幕つき。各作品先着1000名様まで。すでに1000以上になった作品もありますので、視聴はお早めに!

 

ご登録とご視聴はこちら:

https://www.festivalscope.com/page/wbi/

メールアドレスを登録してアカウントを設定する必要があります。

 

【長編】

●L’étrange couleur des larmes de ton corps, Hélène Cattet & Bruno Forzani

●Géants, Bouli Lanners(親に見放され、さまよう三人の青年たちのストーリー)

●A perdre la raison, Joachim Lafosse

 

【ドキュメンタリー映画】

●Burning Out, Jérôme Le Maire

● En bataille, portrait d’une directrice de prison, Eve Duchemin

●L'homme qui répare les femmes(邦題:女を修理する男),Thierry Michel(性的暴力をうけた女性を救うコンゴの医師。ノーベル賞の受賞者)

 

【短編】

●Dernière porte au Sud, Sacha Feiner(シュールな人形劇。日本語字幕付き!)

●Matriochkas, Bérangère Mc Neese(ティーンの妊娠と堕胎の話)

●Le plombier, Méryl Fortunat-Rossi & Xavier Seron(大人の映画の吹き替え声優のコメディ)

●Dimanches, Valéry Rosier(ワロン地方の田舎のシュールな日曜の風景)

 

『ベルギー9月祭 Les Fêtes de septembre』は、ベルギーのフランス語共同体とワロン地域を世界中で祝うお祭りです。

※一部に暴力的・性的・政治的な描写を含む場合があります。予告編や内容説明をご覧の上視聴下さい。

協賛:国際交流振興庁 (Wallonie-Bruxelles International)とワロニー・ブリュッセル・イマージュ (Wallonie-Bruxelles Images) は、ベルギー映画アカデミー(Les Magritte du Cinéma)

おすすめ新着記事