検索
検索範囲:
合計: 結果が5件見つかりました。

ヴァンサン・コンパニ Vincent Kompany 怪我の多いプリンス

作成日 2018年7月02日. Posted in ベルギー

ベルギー生まれのコンゴ系。ヴァンサン・コンパニ(Vincent Kompany)は、守備の要センターバック。怪我が多く、最近は出場機会が少ないが、代表のキャプテンをつとめてきたリーダー。実業家としても複数の事業を手がけている。 1986年4月10日ブリュッセルのユックル地区生まれ。フランス語が母語だが、幼少期から学んだオランダ語、そして英語も完璧に操る。言語的にはベルギー代表の「お手本」のような選手である。 ...

ロメル・ルカク Romelu Lukaku 貧困から栄光へ

作成日 2018年6月26日. Posted in ベルギー

ロメル・ルカク(Romelu Lukaku)は、ベルギー・チームの巨漢ストライカー。高い身長、強靭な体を活かしたヘディング、ポストプレー、安定した決定力が魅力。 代表では背番号9番。1993年5月13日、ベルギー北部のアントワープ生まれ。コンゴ系で、オランダ語を主に話すが、フランス語、英語も流暢に操る。身長190センチ。愛称はビッグ・ロム(Big Rom)。 ベルギー国内リーグで経験を積んだ後、イギリスに渡る。チェルシー、エヴァートンを経て強豪マンチェスター・ユナイテッドに2017年移籍。 ...

アントワープ中央駅の光と影

作成日 2016年8月04日. Posted in アントワープ

... de la Censerie)。鉄とガラスで作られた駅舎はクレモン・ファン・ボガート(Clément van Bogaert)だった。高架橋はアントワープで活躍したオランダ生まれのヤン・ファン・アスペーレン(Jan van Asperen)の作品である。 アントワープ駅が作られた時期はアフリカの植民地コンゴの経営がようやく成功し、レオポルド2世に莫大な富が転がり込んできたタイミングである。成功の秘訣は天然ゴムだった。当時、自動車のタイヤを作るためにゴムの需要が急騰していた。原材料のゴムの木が、コンゴの密林のなかに多く自生していたのが幸いした。他の列強各国も熱帯地方にある植民地で大規模なプランテーションを構築しようと動いたが、ゴムの木が成長するまで何年も時間がかかる。その間にレオポルド2世はゴム市場で大もうけができたわけだ。 ...

ベルギーの新規滞在許可証は225ユーロ?

作成日 2014年12月04日. Posted in ベルギー

...  主な課税対象となるのは、EU市民以外(つまり日本人も含まれる)そして駐在員の配偶者や家族なども含まれる。一方で、難民や人身売買の犠牲者などは例外として扱われる。 テオ・フランケン氏は当選以前、「コンゴ、アルジェリア、モロッコからの移民が(ベルギーで)価値を生み出しているか疑わしい」と発言したことで知られる。「難民移民」を担当する国家書記としてはふさわしくないと就任に反対する声もあがった人物である。 ...

ラーケン王宮温室2018年特別公開

作成日 2015年4月26日. Posted in イベント

...  春のこの時期は、多くの花が満開のベストシーズンです。ベルギーのかつての植民地だったコンゴなどアフリカ、日本や中国からもたらされた珍しい植物をたくさん見ることができます。広大な敷地(2.5ヘクタール)ですが、変化に富む展開で楽しませてくれるので、この時期にブリュッセルにいる方は、ぜひ訪れてみてください。 ◆2018年の公開スケジュール(情報源:ベルギー王室) 入退場:Avenue d ...