検索
検索範囲:
合計: 結果が7件見つかりました。

【<span class="highlight">語源</span>クイズ】ワロン地方とクジラの関連性は何?&#160;...

作成日 2018年12月07日. Posted in 語学レッスン

読者の皆さんは、語源はお好きだろうか? 言葉の解剖学、地質学のようで、なかなか面白いですよね。一つの語源ネタで、ビール2杯は美味しく呑める。今日の問題はこれ。 「ベルギー南部のワロン地方と、クジラの語源における関連性は何か?」3分以内に答えられたら、そのお方はかなりマニアックな実力者だ。 このままだと難しすぎるので、ヒントをひとつ。 ワロンはフランス語でWallonieと書く。しかし、もともとこれはフランス語ではない。そもそもフランス語にWは存在しない・・・こともないけれど、外来語を書き表すためにあるだけだ。(Kも同様) ...

チルチルのひとりごと 受難と情熱の間

作成日 2019年3月20日. Posted in コラム

...  運転席でハンドルを握っていると、携帯で検索するのも難しい。今、思い出して語源を調べてみた。こういうときにOED(オクスフォード・イングリッシュ・ディクショナリー)が手元にないのは本当に痛い。図書館に行きなさいという神のお告げか。 ベルギーにいると、多言語になる。英語Passion、仏語Passion、蘭語Passie、ドイツ語Passionの語源は、ラテン語Passioが元となっている。これは「苦しみ」の意味だ。インド・ヨーロッパ語のPati/Patiorという言葉から派生しており、歴史的にキリストの受難について使われた語であるという。 ...

モール・シュビット Mort Subite

作成日 2018年4月23日. Posted in ベルギー・ビール

今回ご紹介するのはランッビック・タイプのモール・シュビット(訳:突然死)。その名の通り、突然死を誘うような美味しいビールです。(∩❛ڡ❛∩) (編集部:飲んでも死にませんが、飲み過ぎに注意しましょう。その昔、カフェの店内でサイコロやカードで遊んでいたメンバーのだれかが帰らなければならなくなった場合に、すべてをかけて最後の勝負をして「ドラマチックなゲームの終わり方」を招いたことが語源) ランビックビールはその酸っぱさで有名ですが、モール・シュビットは、酸味や甘さの中にも麦芽の苦味がちゃんと残ったビールです。 ...

チルチルのひとりごと スケベ人間

作成日 2018年3月14日. Posted in コラム

以前住んでいた地域のスーパー・デレーズでは「ムッシュー・スケヴェネー、3番レジまでお願いしま〜す」というような店内放送が聞こえていた。日本人なら、ちょっと吹き出しそうな名前である。 オランダには「スケヴェニンゲン」という海岸沿いの街があり、おそらく同じ語源だと思われる。ちなみに、スケヴェニンゲンは昔ヌーディスト・ビーチだったと聞きます。今も一部そうなんじゃなかったか、どこかで読んだような記憶も。 ...

ポン酢はオランダ語

作成日 2014年12月14日. Posted in コラム

ポン酢って、実はオランダ語なんです。 正確には、インドのヒンディー語が語源で、オランダ語由来で日本に来たと言えます。   「茶・アラク・砂糖・レモン・水」の5種を混ぜたものをインド人が飲んでいました。土地の言葉でPanch(5の意)。これを欧米諸国が真似て、英語でPunch(パンチ)と呼ばれるようになります。英語から派生してオランダではPons(ポンス)と読まれていました。 江戸時代、出島。昔の日本人はオランダ人が夏バテ対策に飲む不思議な液体に興味を持ちます。 ...

ベルギー洋梨農家が直面するロシアの農産物禁輸措置

作成日 2014年9月27日. Posted in ベルギー

...  EUやベルギー国家レベルで救済措置が検討されるなか、「ベルギー人が一週間に1つ余分に洋梨を食べれば、年間5億7200個の消費につながる」というアイデアを提唱する人物が現れました。洋梨をロシアが買ってくれないなら、自分たちでたくさん食べればいいじゃないかという助け合い精神です。 そもそも、「焼いた洋梨といる」という言葉の語源も、(一説によると)洋梨を美味しい料理(ジャム?)にしてお客を待っているのに、肝心のお客さんが来ないという情況から来ているようです。 ...

ロシュフォール Rochefort

作成日 2014年7月14日. Posted in ベルギー・ビール

... Festival du Rire は1981年から開催されて、多くのコメディアンを輩出している。 ロシュフォールの街はロシュフォールの伯爵城 Château comtal de Rochefort も有名。歴史上に名前が出てくるのが1155年だが、城の起源はそれより古い。Rochefort は「石の砦」Rocha Fortis が語源である。所有者が代々変わり、今は多くが遺跡と化している。1987年から一般公開されている。 ...