検索
検索範囲:
合計: 結果が12件見つかりました。

ベルギーのフリッツ

作成日 2017年7月23日. Posted in コラム

...  ピリピリ・ソース サムライより、さらに攻撃的なソース。Pili-Piliと綴る。日本の激辛フードに比べれば大したことない。というのも、ベルギー人は辛い食べ物が苦手だから。 アンダルーズ Andalouseは非常に食べやすく人気のソース。トマト・ピューレ、マヨネーズをベースに、少量のマスダードやスパイスが入っている。 その他、カレー味、中華風、コショウ風味などなど、実は専門店では20種類以上のソースが用意されている。気になるものを片っ端から試すのも楽しい。 ...

デリリウム・トレメンス Delirium Tremens

作成日 2015年9月08日. Posted in ベルギー・ビール

...  同じくゲント郊外で作られるフルデン・ドラーク Gulden Draak に少々似ている。ただし、あれほど甘くアルコール度数が高くはない。デリリウム・トレメンスは8.5パーセント。 醸造所の歴史は1906年にレオン・ヒューグがメレに17世紀半ばから存在していたらしい醸造所を買収したことからはじまる。戦中、戦後と設備拡大と商品開発を繰り返し、デリリウム・トレメンスが生まれたのは1988年。3種類の異なる酵母菌を使用して、この独特な風味が生まれるという。 ...

【コラム】フランス製カツオ節は、発がん物質ゼロ?

作成日 2015年5月18日. Posted in コラム

とあるお店の方と話をしていて、カツオ節がEU持ち込み禁止と知る。まあ、魚介類系はあらかたダメなのは知っていたが、カツオ節、お前もか。 削らずに持ってくれば(手間はかかるが)風味は落ちないし、荷物のなかでかさばらないし、保存は効くし、欧州に長期滞在する日本人にとっては便利かつ心と身体に優しいアイテムの筆頭格だろう。 つらつらを考えていると、ある記事に行き当たった、2016年ミラノで開催される食をテーマにした国際博覧会で、やはりカツオ節は持ち込めないので、エクスポ開催中だけでもと政府が交渉しているらしい。(記事リンク) ...

ココナッツ・オイル Bon Apétit

作成日 2015年1月06日. Posted in コラム

...  食べて良し 毎朝大匙2~4杯飲むことで、体内のデトックスや便秘解消になります。ヨーグルトやアイスクリーム、紅茶やコーヒーに混ぜると食べやすくなります。冷たいものに混ぜるとオイルは固まりますが、ココナッツの風味が増すように感じます。ケーキやクッキーなどのお菓子作りには、バターの替りに同量のココナッツ・オイルを使うと、ココナツの香りとほのかな甘さがプラスして、南国風味を楽しめます。ドレッシングや調理にも食用オイルと同じように使えます。 ...

グルートゥーズ博物館 Gruuthusemuseum

作成日 2014年12月30日. Posted in ブリュージュ

...  Louis Delancanserie が全面改修をすることで、展示の場を得たというわけです。 グルートゥーズ家は、1200年にフランダース伯ボードワン9世からフルート Gruit の独占販売権を与えられた家系です。これはホップ hop が登場する前に、ビールの苦みや風味をつけるためにブレンドされた香草でした。 この豪勢な館の歴代の主のなかで最も特筆すべきはルイ・ド・グルートゥーズ侯爵( ...

麺真 Menma

作成日 2014年11月03日. Posted in ブリュッセル

自家製麺、こだわりメンマ、ユズ風味に特徴のある新しいお店。 Avenue des saisons 123, 1050 Ixelles +32 (0)2 648 73 70 Facebook レストランKAMOがあった場所に2014年10月、麺真という名のラーメン店ができた。(写真上:塩ラーメン) ここでは加藤さんと小ノ寺さんの二人でラーメンを作っている。二人ともブリュッセルの日本料理店で経験を積んできたプロフェッショナル。お寿司や居酒屋メニュー全般をこなせる技は持ちつつも、ラーメン1本にしぼって勝負することにした。 ...

ボーン醸造所 ファロ Boon Faro

作成日 2014年8月24日. Posted in ベルギー・ビール

どことなく頼りない味わい。軽い、ほんのり、まろやかに甘い。みどりの草っぽい香り。ごく弱い酸味で、炭酸の刺激も弱い。 独特の飲み口を感じつつ調べてみると、ファロは少なくとも1559年まで歴史を遡ることができる伝統のビール。二番搾りの薄いビールと古いランビックをブレンドし、ボトリングの前にキャンディー糖を入れて作られたもの。淡い茶色はキャンディーから得られたもので、これが独特のほんのり甘い風味の元らしい。 ...

カプライア Capraia

作成日 2014年8月22日. Posted in ブリュッセル

高級イタリア料理。カニのリゾット・サフラン風味がスペシャリテ。 Chaussée de waterloo 1296, 1180 Uccle +32 2 372 05 00 サイト  ...

キュベルドン

作成日 2014年8月21日. Posted in コラム

フランダース地方、とくにゲントで食べられるグミ。 外は若干乾いていてカサカサ。中はしっとりとしてそのギャップが面白い食感。 濃いパープルが基本ですが、いろいろな色と風味のバリエーションもある。私が好きなのはショウガ味。結構刺激的でやみつきになる。 ところで、日本語の文章で散見される「キュベルドンというお菓子(グミ)の名前はオランダ語で鼻を意味する」というのは若干勘違いというか中途半端な解説である。 ...

ザバール Zaabär

作成日 2014年5月12日. Posted in チョコレート

ベルギーチョコレート作りを本格的に体験してみたい!? ならばここザバール(Zaabär)です! 他のチョコレート屋さんをチョコレートのブティックに例えると、ここはチョコレートの工場、または実験室といった雰囲気。 定番の商品Duoシリーズは、洗練されたベルギーチョコレートに世界中のフルーツ、フラワー、スパイスを厳選し、ブレンドしたチョコレートで30種類ほどあります。Duoの箱を開くとアルミホイルで完全密封された板チョコが2枚入っています。これは作り立ての風味を逃がさずに味わってほしいというザバール独自のこだわりから。店内には試食用のチョコレートが用意されているので、あなたのお気に入りもすぐに見つかるかもしれませんね。  ...

デルレイ Del Rey

作成日 2014年1月27日. Posted in チョコレート

「デルレイ」は、60年以上にわたりベルギーの北に位置するアントワープで、チョコレートファンのために重要な役割を果たしています。 デルレイのチョコレートはすべて、アントワープ本店でひとつひとつ丹誠こめて手作りで作られています。 ショコラ、ナッツ、リキュールなどの各々の素材が、絶妙なバランスをもって完成され、芳醇な香り・風味に満ちた珠玉のプラリネは、その芸術的なデザインもあり、さながら"食べられる宝石"のよう。ファッションの街、アントワープが生み出した賜物です。 ...