ゴミの分別と捨て方

ゴミの分別と捨て方

「ゴミの分別と捨て方」は、ベルギー生活で最初に気になるポイントですね!燃えるゴミ、リサイクル品、粗大ゴミなど、地域によって捨て方も異なります。正しく処理してご近所の方に迷惑にならないようにしましょう。

さて、まず「ゴミ箱」をフランス語、オランダ語で言ってみましょう。Poubelle(仏:プベル)、Vuilnisbak(蘭:ヴルニスバック)。「ゴミ箱どこ?」という場合に使いましょう。

そして、「ゴミ」という言葉は、Déchet(仏:デシェ)、Afval(蘭:アフヴァル)といいます。

スーパーでゴミ袋を購入

家庭から出たゴミを捨てるためには、清掃局が販売している有料のゴミ袋を購入し、指定の曜日にゴミ出しすることになります。

ゴミ袋には、いくつか異なる色があり、ゴミの種類によって分別しなければなりません。また、いくつかサイズがありますので、ご自宅のゴミ箱に合わせて選びましょう。

家庭ゴミの分別(ブリュッセル)

ゴミの色分けは、地域によって異なります。首都圏ブリュッセルでは、このような色分けです。

「白」一般家庭ゴミ
「青」PMCゴミ(プラスチック、金属、厚紙のボトル)
「黄」雑紙
「緑」植物の枝や葉
「オレンジ」生ゴミ ※

ゴミ収集の曜日をチェック

地域によって回収日が異なります。以下のサイトにご住所を入力し、どのゴミが何曜日に収集されるのかチェックしましょう。

ブリュッセル(英語)
https://www.arp-gan.be/en/collection-days.html

ザヴェンテム(蘭語)
https://www.interza.be/nl/afvalophaling/ophaalkalender/detail/zaventem

https://www.interza.be/assets/1004

アントワープ(蘭語)
https://www.antwerpen.be/nl/overzicht/afvalophaling/ophaalkalender

ゲント(蘭語)
https://www.ivago.be/thuisafval/ophaling/ophaalkalender

空き瓶の捨て方

日本のように空き瓶の回収はありません。路上に回収ステーションがありますので、そこまで持って行きましょう。

ブリュッセルでは「透明ガラス」(蘭:WIT GLAS/仏:VERRE BLANC)と「色付きガラス」(蘭:GEKLEURD GLAS/仏:VERRE COLORE)に分かれています。

コンテナーの形状は地域によって若干違いますが、ベルギー全土で同じ方式です。

中身はすべてきれいに洗い流し、蓋などは取り外した状態で投入しましょう。

 

ゴミの捨て方と注意点

・収集は早朝に行われるので、前日の晩〜夜に路上に出します。18時以降など、指定されている場合があるので、チェックしましょう。

・オレンジ袋(※)には、「卵のカラや骨は入れてはいけない」など細かい規定があります。判断に迷うものは白袋に入れましょう。

・アパートなど集合住宅では、地下などに大きなコンテナーが用意されていることがあります。この場合、有料の袋に入れる必要はありません。ブリュッセルの場合、白袋に入れる一般ゴミはグレーのコンテナーに入れます。

・クリスマス・ツリーは、年明けに無料で回収してくれる日程が発表され、それにあわせて路上に出しておきます。

・電池、電球などは、電気店にリサイクル回収ボックスが用意されているので、店まで持っていきましょう。

・空き瓶に有料で引き取ってもらえるマークがついて入れば、スーパーに持って行きます。(CONSIGNE - STATIEGELDと書かれていることも)

 

粗大ゴミの捨て方

引越しなどで、大きな家具や家電品などを捨てる場合、自分で運べる場合は、リサイクル・パークに持って行きます。

ブリュッセルではRecyparkという名前で、北と南の2カ所があります。

3立方メートル以内であれば無料ですが、それ以上は121ユーロの費用が発生します。(2020年時点)

建築リノベーションなどの廃材など、有料のものもあるので、確認しましょう。

Recypark(北)
Rue du Rupel, 1000 Bruxelles

Recypark(南)
Boulevard de l'Humanité 350 - 1190 Forest

https://www.arp-gan.be/en/Recypark.html

慈善活動に寄付する

洋服(蘭:KLEDING/仏:VÊTEMENTS)と書かれた黄色いコンテナーは、「まだ着ることができる洋服」を、慈善活動の団体に寄付するものです。

売れなければ結局ゴミになってしまうので、要らないボロボロを捨てるのはやめましょうね。ちょっと吟味してから寄付です。洗濯して、袋に入れた状態で投入しましょう。

プティ・リアン(仏:Petits Riens/蘭:Spullen Hulp)は、洋服以外にも販売可能なアイテムを無料で引き取ってくれます。複数店舗がありますがイクセル地区が最大。(Rue Américaine 101, 1050 Bruxelles)

直接、持ち込むと引き取ってくれます。サイズの大きな家具は予約すれば、トラックで回収してくれますが、ただ単に粗大ゴミになってしまうようなものだと、そのサービスは受けられません。

すべて寄付なので、いくら高級なものでも、買い取りでお金が戻ってくることはありません。収益は社会的に恵まれない人々の食事、住居、仕事の斡旋など、慈善事業に使われます。

https://petitsriens.be/

コロナ最新情報(ベルギー)5月24日

0
感染者
0
集中治療室の患者
0
死者

便利な生活情報コラム

おすすめ新着記事