SAN Sablon スプーン一本でのフレンチ

SAN Sablon スプーン一本でのフレンチ

国料理にはビビンバなど、多くの食材を一つの器に入れ混ぜて食べるものが多い。

2つ星レストラン「レール・デュ・トン」のオーナーシェフ、韓国生まれのサン=ホン・ドジャンブルがこれらの韓国料理からヒントを得て、一つの器に盛った料理をスプーン一本で食べる気取らないスタイルのビストロを下町にオープン。一年半後には2号店を山の手のサブロンに開いた。

両店の総指揮を取るのが、「レール・デュ・トン」でスーシェフだった藤井利郎。それだけで絵の様な色彩豊かな器のなかに、上質のフランス料理が花開いている。スプーンですくって食べるごとに出会う、異なった味や食感に楽しい驚きがある。毎月変わるメニューが楽しみである。

SAN Sablon
Rue Joseph Stevens 12,
1000 Bruxelles
http://www.sansablon.be/

下町のレストラン:Rue de Flandre 19, 1000 Bruxelles,
2つ星のレストラン:L’air du temps 
http://airdutemps.be/

 

文・写真 ボナペティオンライン


編集注:2019年に藤井利郎氏はTOSHIROをオープンし活躍の場を広げている。