WIFIが遅くてお困りですか?

ベルギーにお住まいの方で、自宅もしくは事務所のWIFIが遅いと感じられたことはありませんか?

LANケーブルにつながっているネット通信は快適で問題ないのに、なぜWIFIがここまで遅いのか?

ネット関係の苦労は、私たちが数多く遭遇する「ベルギーあるある」のひとつですね。(苦笑)

これを一瞬で解決するには、「まあ、こんなものさ」と、あっさり妥協してしまうことです。ベルギーらしくて、素敵ですね。はい、すっきりしました!

 

それじゃあ、困る皆様へ。

「いやいやいや〜、困るんですよ!」という貴方は、まずは原因を探してみましょう。

無線通信が遅くなる原因は、いくつか考えられますが、まずは同じネットワークを共有している人が、高画質のビデオをストリーミングで見ている、なんてことはないですか? 大容量のデータを扱うと、それだけネット回線に負荷がかかるのは当然です。

「このWIFIを使っているのは私だけだ」という確証のある貴方。それでも遅いなら、周波数の通信帯が混雑している可能性があります。

どういうことかと言いますと、WIFIという電波は見えない宙空を飛んでいるわけですが、実はそのなかでもチャンネルがいくつかあるのです。

そして、そのチャンネルは貴方一人のためにあるのではなくて、物理的な隣人とシェアしています。

たとえば、私が使っているPROXIMUSのB-BOX 2というモデムは、2ギガヘルツの周波のなかに13のチャンネルがあり、どれかを設定で選んでいます。

11チャンネルを選んだとしましょう。もし隣人が同じチャンネルだったら?

お隣の会社もしくはお宅のだれかが非常に重いデータをよく扱っていれば、影響を受けてしまうのです!

 

いろいろな解決方法。貴方のスタイルは?

素朴な解決方法としては、チャンネルを別のものに変えるというものがあります。モデムの裏側にあるシリアル番号をメモして、パソコンのブラウザーから、ご契約の通信会社のコントロールパネルにアクセスしましょう。Wireless Networkの環境設定を変更すれば、どのチャンネルが一番早いか試してみることができます。

その他、最新のモデムに切り替える、ブースターを使ってみるなど、多少お金をかけてもいいという方にとっては、より強力な解決法もあります。

あとは、カッコ悪いのを我慢して、最新のiPhoneでも有線LANでつないじゃうという荒技もあります。

アダプターが必要ですが、目に見える物理的な線をつなぐだけという、妙な説得力があります。こういう人を喰ったような解決法が、一番ベルギーっぽいかな?

 ベルジャン・ソリューション・・・。(汗)

 

新着のコラム

【必読】人気トップ3のコラム

おすすめ新着記事