検索
検索範囲:
合計: 結果が23件見つかりました。

【チルチルの<span class="highlight">ひとりごと</span>】スシをトラピストビールで飲み下す&#160;...

作成日 2018年7月04日. Posted in コラム

ベルギーの仏語の放送局でサッカー実況をしているロドリゴ・ベーンケンス氏(Rodrigo Beenkens)が面白い。日本でもスポーツ解説者の名台詞が話題になりますが、ベーンケンスさんもウィットに富んだコメントで、お茶の間を沸かしてくれました。 日本リードでベルギーが苦しい状況で、日本サポーターらに警告。 「日本の諸君、赤い悪魔を喰ってしまおうと思うなら、ツノまで飲み込まなければなりませんぞ。ちょっとのワサビが辛いからって、試合はまだまだ終わっちゃいませんぜ!」 ...

チルチルの<span class="highlight">ひとりごと</span> ベルギー対日本&#160;...

作成日 2018年6月29日. Posted in コラム

ポーランドを相手に1対0での敗戦。しかしH組グループ通過という、微妙なかたちで日本はトーナメントに進出することになりました。 試合後の西野監督のインタビューでは、苦渋の選択のようでしたね。コロンビアがセネガルに勝ちそうだ、じゃあ、このまま安全に現状維持で1点差で負けよう、そしてイエローカードは絶対にもらうな、という(ある意味)変な指示をお出しになったようで。 「戦いに負けて勝負に勝つ」みたいな感じで、監督が「不本意」と形容したのも分かります。勝ち負けさっぱりさせたい日本人の心情としては残念ですよね。どうせ世界では弱い国なんだから、全力でぶつかって戦えよという気もしないではない。 ...

ミチルの<span class="highlight">ひとりごと</span> 妊婦の季節&#160;...

作成日 2018年6月26日. Posted in コラム

最近、なぜか私(ミチル)の周りで密かなベビー・ブームである。 この間、前から身体全体がふっくらしている同僚のお腹が出ていることに気づき、ん?と思ったのだが、いや待て、もしかしたら、ちょっと太っただけかもしれない。「あれ、もしかしておめでた?」なんて直接本人に聞いたら、ひっぱたかれるかもしれないと思って、彼女と仲良しの別の同僚にこっそり聞くと、「そうよ。知らなかったの?」と言われた。やっぱり。でもその次がもっとびっくりした。 ...

チルチルの<span class="highlight">ひとりごと</span> ベルギーと日本の比較(サッカー篇)&#160;...

作成日 2018年6月15日. Posted in コラム

2018年サッカー・ワールドカップ・ロシア大会が開幕しました。 日本では外国人監督が降板させられ、新監督がベルギーで活躍する日本人選手を最後の最後で落選させるという、あまり愉快ではない展開ですが、、、まあ愚痴ってもはじまらないので、気分を切り替えて応援しようと思います。(いや、結構引きずってますわ、、、久保選手と森岡選手が見たかったな〜) Jリーグの誕生が1991年。サッカーが日本でも主要なスポーツとして定着してからそれなりに年月が経ちましたが、日本代表が世界のトップで安定して活躍できるほどの「強さ」はまだですね。 ...

チルチルの<span class="highlight">ひとりごと</span> 魚スープ特別トッピング&#160;...

作成日 2018年5月04日. Posted in コラム

遅めのランチでふらりとブリュッセルの街に出て、渋めの地元カフェで魚スープを注文しました。 しばらく待つとシェフが料理を持って来てくれて一言。 「あなた、日本人?」 「そうですけど」 「じゃあ、これをかけてあげよう」 「何?」 「か・つ・お・ぶ・し」   よく晴れたブリュッセルの街カフェに現れたのは、白い円錐形のプラスチック容器に入れられたカツオブシでした。パラパラと魚スープの上にかけて、シェフは立ち去る。 ...

チルチルの<span class="highlight">ひとりごと</span> ワインは誰が注ぐべきか?&#160;...

作成日 2018年4月24日. Posted in コラム

日本では、嘆かわしいことに財務省という立派なお役所でセクハラ事件が発生。西洋と東洋の「酒と女」を巡る「酒のつまみ的エッセイ」をお届けします。皆さんのお考えやいかに!? さて、件のニュースで被害にあったのは女性ジャーナリスト。スキャンダルを追いかけ回し、火のないところに煙を無理やり捏造するくらいの業界が隣接する位置にいる相手だというのに、エリート官僚さんも危機意識が希薄だよな〜と、驚いた庶民らは次の瞬間には密かにほくそ笑んでいるのです。常にスキャンダルに飢えていますから。 ...

チルチルの<span class="highlight">ひとりごと</span> ドイツのバター&#160;...

作成日 2018年4月21日. Posted in コラム

バター大好き人間の私にとって、静かな衝撃を受けた今回のドイツ旅行。改めて食文化の差を感じたトリアーへの週末小旅行での発見を書き残す。 親しいドイツ人の友人アクセルの誕生日に、ドイツのトリアーという街に行くことになった。ベルギーのブリュッセルからだと、リエージュとルクセンブルクの先にある国境を越えてすぐのところ。 友人とその家族に合流する前に、比較的近くの山城であるエルツ城を見学することにした。 ...

チルチルの<span class="highlight">ひとりごと</span> スケベ人間&#160;...

作成日 2018年3月14日. Posted in コラム

以前住んでいた地域のスーパー・デレーズでは「ムッシュー・スケヴェネー、3番レジまでお願いしま〜す」というような店内放送が聞こえていた。日本人なら、ちょっと吹き出しそうな名前である。 オランダには「スケヴェニンゲン」という海岸沿いの街があり、おそらく同じ語源だと思われる。ちなみに、スケヴェニンゲンは昔ヌーディスト・ビーチだったと聞きます。今も一部そうなんじゃなかったか、どこかで読んだような記憶も。 ...

チルチルの<span class="highlight">ひとりごと</span> 暗い空と小さな笑い&#160;...

作成日 2018年1月29日. Posted in コラム

非常に残念なことに、ベルギーの天気は暗い。この冬、12月の日照時間が過去最低を下回ったとニュースになり、年が明けて1月もお世辞にも明るい新年とは言いがたいものでした。 みなさん、暗い季節に気分まで暗くなっていませんか? 日照不足や加齢によるビタミンD不足でうつ病になったり、仕事や家庭での精神状態までどんより曇ったりしていませんか?   チルチルも一時期、原因不明の疲労に悩まされましたが、ドクターの血液採取診断によってビタミンD不足が判明したので、今ではなんとか持ち直しています。 ...

【チルチルの<span class="highlight">ひとりごと</span>】ベルギーで冬タイヤは義務にあらず&#160;...

作成日 2017年12月12日. Posted in コラム

しんしんと、深々と、白い雪がブリュッセルに降り積もっています。 窓から見える景色はが変わって見えます。「雪化粧」とは、昔の人は素敵な言葉を思いついたものですね。おしろいを肌に塗るように、建物の屋根や地面を美しく輝く白に染めていきます。 暖かい家のなかから外を眺めている間は、キレイだなで済みますが、一旦、外出するとなると、さあ大変。 凍った地面に足を滑らしたり、靴やズボンが汚れたり、車に乗ってもヒヤヒヤです。 ...

【ミチルの<span class="highlight">ひとりごと</span>】ハロウィンの夜の、怖い出来事。&#160;...

作成日 2017年11月01日. Posted in コラム

ハロウィンの日。私の元には本物のお化けがやってきた。 10月31日午後8時5分過ぎ。会社帰りの運転途中、赤信号で止まっている時に、突然右側の助手席から変な音がする。 え?と思って、横を見ると、その瞬間、フードをかぶった小柄な若い男が私の車の助手席の窓ガラスを打ち破り、シートに置いてあったカバンをひったくって、逃げ去った。ほんの数秒の間の出来事だった。 前を見ると、信号が青に変わっている。頭の中が真っ白になり、とりあえず車を発進させたが、木枯らしが吹く寒くて暗い夜、このまま窓ガラスがないまま、走っていいのだろうか?と少し考えて、少し進んで路肩に駐車し、自分自身を落ち着かせることにした。 ...

【ミチルの<span class="highlight">ひとりごと</span>】フランス人とベルギーのビーチに行く La Panne / De Panne &#160;...

作成日 2017年6月09日. Posted in コラム

5月の最終週、ベルギーに夏がやってきた。今年は寒い冬から突然、春を飛び越えて夏が来た感じだった。30度近い暑さになるなんて滅多にないことだから、みんな考えることは同じ。ビーチに行こう! フランス人の女友達が、北海沿岸の町 La Panne がいいというので目的地もすぐに決定! ブリュッセルから北海に行くなら、早朝に出発したほうがいいことは百も承知だったけれど、彼女も私も夜型人間のため、早くても10時発。実際にはそれも遅れて10時半頃になった。 ...

【ミチルの<span class="highlight">ひとりごと</span>】バレンタイン・ワイン&#160;...

作成日 2017年2月15日. Posted in コラム

バレンタインと言うとチョコレートだが、チョコレートよりは、ワインのほうが好きな彼のために、家の近所にあるワイン専門店に初めて足を踏み入れた。シックで素敵な店構えのお店なのだが、ちょっと見るだけというには気遅れがするため、気になってはいたのだが、これまで入ったことがなかったお店。 自動ドアが開くと、こちらでは珍しく、すぐにボンジュールマダムと、明るい声で迎えられた。少し店内を見て回ったところで、何をお探しでしょうかと、30歳くらいの青年が声をかけてくれる。 ...

【チルチルの<span class="highlight">ひとりごと</span>】薄切り肉(しゃぶしゃぶ・すき焼き)&#160;...

作成日 2016年10月29日. Posted in コラム

ヨーロッパで暮らしていると、日本では当たり前でも当地では意外に存在しないものがあります。 汝の名は「薄切り肉」。秋から冬にかけて、「しゃぶしゃぶ」「すき焼き」に使う薄いお肉ちゃんがその一例です。 もちろん欧州でもサラミやハムをスライスするので、肉を薄く切る文化が完全にないわけではないのですが、「ステーキやグリル料理で豪快な固まりとして使うものを、紙のように薄くとな?」と、人生ではじめて日本人に薄切りをリクエストされたお肉屋さんは戸惑うようです。 ...

お米【ミチルの<span class="highlight">ひとりごと</span>】&#160;...

作成日 2016年10月25日. Posted in コラム

私たちが引っ越してくる少し前に、この同じアパルトマンを購入したという若いベルギー人カップル。とても優しそうな(そして実際本当に優しい)ご主人と、ちょっと勝ち気な印象の奥さん。我々の上階に住む隣人である。隣人はとても重要だが選べないので、感じのよい隣人でよかったと助かっている。 そのご主人が、たまたま私が家に入ろうとしていた時に、階段を降りてきた。急いでいるようなので、ボンジュールと挨拶だけすると、彼が、ふと立ち止まり、「もしかして。。。お米はないでしょうか?」と私に聞くのだ。 ...

ミチルの<span class="highlight">ひとりごと</span>「同性愛」&#160;...

作成日 2016年6月09日. Posted in コラム

先日のゲイパレードの想い出。 少し肌寒いが晴れた土曜日、ブリュッセル特有の緩い感じでパレードがはじまった。テロ事件の影響だろう、例年よりは警戒態勢が少しシビアになっており、入り口を少し狭めたり、鞄をチェックするような人々を配置はしているが、まあパレードしている人々と、それを見る見物客との境に引いてあるPOLICEと書かれたテープもあまりに低くて、すぐに跨げるような有様。ノリノリの観光客がパレードに許可なく当日参加していても、まったくバレない。 ...

【ミチルの<span class="highlight">ひとりごと</span>】花火の思い出&#160;...

作成日 2015年7月09日. Posted in コラム

7月21日、ベルギー建国記念日。ベルギーでは花火が上がる。花火と言えば、日本で隅田川の花火大会を思い出す。    そもそも東京は人が多い。花火の会場はさらに混む。自分のペースではまっすぐ歩くことなどできない。あまりの人の多さに酔いそうになる。 その日は、当時お付き合いしていたボーイフレンドと二人で、隅田川の花火デートだった。慣れない浴衣と下駄を履き、屋台から流れてくる美味しそうな匂いに誘われて、よそ見ばかりしているので何度も転びそうになる。日本の花火はやはり美しい。世界で一番だと思うのは、日本の花火師が、美しさと儚さを表現しているからだと思う。 ...

【ミチルの<span class="highlight">ひとりごと</span>】お子様(だけ)ランチ&#160;...

作成日 2015年6月29日. Posted in コラム

先日ミディ駅の近くに行く用事があった。ランチタイムになり、アラブ人が経営している美味しい魚介類のレストランが並ぶスターリングラード通りに入ると、なぜか、ほとんどの店にシャッターが下りている。土曜日なのにどうしたのだろう?と考えて、ようやく気がついた。そうだった、今年は、もうラマダンに入っているのだ。 道理で、いつもはアラブの男性たちでごった返している界隈が、やけに寂しいわけだ。レストランの椅子に座って話しこんでいるアラブ人の男性たちも、よく見るとテーブルの上には何もない。夜の10時になるまで、水も飲めないのだから、当然だろう。お腹がすいた私は、しかたなく駅前のファーストフードショップで空腹を満たすことにした。幸いここは開いているようだ。中に入ると、アラブ人の子供連れの家族が何組か座っている。アラブ系だけれど、実はイスラム教徒ではないのだろうか? など考えつつ、彼らをよく見て、はっとした。 ...

ミチルの<span class="highlight">ひとりごと</span>&#160;...

作成日 2015年3月29日. Posted in コラム

サブロン広場からそう遠くない場所に、お腹がすいていたミチルが見つけた、クレープ屋さん。ベルギーに住んでいるくせに、ワッフルよりも、クレープの方が口に合うミチルは、クレープ店を見つけると入らずにはいられません。   若いカップルが2人で頑張って切り盛りしているその店は、テーブルも6つしかなく、15人も入ると一杯になってしまうような場所。丁度1つだけ空いた席に腰を下ろして、メニューを見ていると、隣のテーブルの人たちに、美味しそうなワッフルやクレープが運ばれてきました。小さなテーブルに7人で、所狭しと座っているその人たちは、言葉から察するに、ギリシャ人のグループのよう。 ...

お高くとまったパン屋さん

作成日 2016年3月12日. Posted in コラム

少し前から気になっていたパン屋さんがある。最近オープンしたのか実は老舗なのかは分からないが、建物の外観やディスプレイがお洒落で、見た目に美味しそうな匂いがする。一度のぞいてみたいと思いつつ、これまで機会を逃してきたのが、この間やっと入ってみることができた。ミチルは人見知りがひどい。それが初めて会う人だけでなく、新しいお店に足を踏み入れるにも大変な勇気を必要とする。 万が一欲しいものがなかった場合、何も買わずにお店を出てもお店の人は気分を害さないだろうか、などなど余計なことを考えてしまう。 ...

暖房のない冬の日

作成日 2016年3月09日. Posted in コラム

日曜日の朝。素敵な青空が広がっているのに、起きると冷えこみがひどい。例年に比べて今年は暖冬だけれど、今頃になって寒くなってきたんだと思いながら温度計を見ると、なんと2度。家の中なのに、ちょっと寒すぎない? それにしても近年まれな冷えこみだわ。などと考えながら、暖房用のラジエーターがMAXの5に設定されているか確かめようとすると・・・。なんと暖かいはずのラジエーターが氷のように冷たいではないか。寝室のラジエーターだけが壊れているのかと思い、慌てて他の部屋もチェック。なんと全滅。なんてこと! この寒い冬に、暖房がないなんて。 ...

誰でも運転免許証のもらえた国・ベルギー

作成日 2015年6月16日. Posted in コラム

ずいぶん前の話になるが、まだ私がベルギーに来たばかりで、この国で運転するのに頭を悩ませていた頃、あるホームパーティで知り合ったイギリス人夫婦から、こんな話を聞いた事がある。それは、ベルギーという国は、実はかなり最近まで、誰でも運転免許証がもらえた、という話である。 なぜこんな話になったかというと、日本でペーパードライバーだった私が、突如、リアルドライバーとして毎日運転を強いられるようになり、日本でほとんど運転したことがなかったことも手伝って、ただまっすぐ走れば良いはずの高速道路でさえ、迷惑をかけるような運転をしている気がして、あの頃は慣れた今と違って一番右の遅いレーンを一番のろまなトラックの後ろをゆっくり慎重に運転していた頃だった。ベルギーで運転するのは、怖い。だって日本と違って直進車ではなく、右から突然飛び出てくる車が優先されるんだもの。 ...

ポン酢はオランダ語

作成日 2014年12月14日. Posted in コラム

ポン酢って、実はオランダ語なんです。 正確には、インドのヒンディー語が語源で、オランダ語由来で日本に来たと言えます。   「茶・アラク・砂糖・レモン・水」の5種を混ぜたものをインド人が飲んでいました。土地の言葉でPanch(5の意)。これを欧米諸国が真似て、英語でPunch(パンチ)と呼ばれるようになります。英語から派生してオランダではPons(ポンス)と読まれていました。 江戸時代、出島。昔の日本人はオランダ人が夏バテ対策に飲む不思議な液体に興味を持ちます。 ...